【2023年11月最新】VTuberオーディションまとめ!応募条件も解説!

公開日: 2023/11/27 最終更新日: 2024/06/17
【2023年11月最新】VTuberオーディションまとめ!応募条件も解説!

VTuberとして活動したいと考えている人は、事務所に所属できるオーディションに参加するのがおすすめです。オーディションには事務所やデビュー形態によってさまざまな種類があるため、自分の理想とする働き方に合ったオーディションに応募しましょう。今回は、VTuberオーディションの概要や実際の応募条件などを詳しく解説します。

VTuberオーディションとは

VTuberオーディションとは、VTuberとして個人やグループで事務所に所属して活動することを目指す人を募集するためのオーディションです。そもそもVTuberとは、キャラクターやアバターを通してYouTubeを配信する仕事です。

個人でYouTubeチャンネルを解説してVTuberとして活動することも可能ですが、事務所に所属することで仕事の幅や規模を大きく広げられます。VTuberオーディションの概要は以下の通りです。

VTuberオーディションの種類

VTuberオーディションには、グループ活動を前提としたオーディションや事務所所属メンバーを探すためのオーディションのほか、イベントや大会のイメージキャラクター・キャスターなどを募集するオーディションなどがあります。

イベントのイメージキャラクターを募集するオーディションは基本的に合格者がひとりまたは少数となるため、倍率が高いのが特徴です。

VTuberオーディションの審査内容

VTuberオーディションでは、自己PRを動画にて提出します。VTuberとしての魅力や雰囲気、トークスキルなどをチェックされ、最終的なキャラクターのイメージに合うかどうかを含めて合否が判断されます。

VTuberオーディションの参加方法

VTuberを目指してオーディション応募を検討している人は、オーディションの参加方法などを押さえておくことが重要です。ここでは、VTuberオーディションの参加方法などを詳しく解説します。

VTuberオーディションの申し込み方法

VTuberオーディションは、専用サイトやオーディションを開催している事務所の公式ホームページより応募できます。一次審査の内容はプロフィールと自己PR動画の送付が一般的であるため、申し込み後は結果を待つのみです。

二次審査以降は東京などの都心部で参加しなければならないケースが多いため、地方に住む人は日程調整ができるようにしておきましょう。

応募要件の例

多くのVTuberオーディションでは、オーディションの応募要件として合格後に本業として十分な時間をかけてVTuber活動に取り組めることや、仕事をこなすにあたっての業務上のコミュニケーションに問題がないこと、単発ではなく継続的な活動が可能であることなどを応募条件としています。

VTuberを副業としたいと考えている場合にはオーディションに合格する確率も大きく下がってしまうため、本気でVtuberを目指すのであれば本業として取り組める環境を整えることも大切です。

【2023年11月最新】現在開催中のオーディション

最近ではVTuberの人気がますます高くなっており、YouTubeチャンネルだけでなく、テレビやCMでもVTuberが活躍する姿を見かける機会が増えています。VTuber向けのオーディションも数多く開催されているため、VTuberを目指す人は、参加したいオーディションのスケジュールをチェックしておきましょう。

ここでは、2023年11月時点の最新情報として、現在開催中のVTuberオーディションについて詳しく解説します。

ゆぅらぷっ!所属VTuberオーディション(第1期生)

ゆぅらぷっ!所属VTuberオーディションは、VTuber事務所ゆぅらぷっ!による1期生の追加メンバーオーディションです。今回のオーディションで追加するメンバーは3人であり、2024年2月からの活動開始を想定しています。応募要件として、配信活動の経験がある女性で、2年以上かつ週4日以上の配信・動画投稿が可能な人などの条件を定めています。

HareVare新規VLiverオーディション(IRIAM)

HareVare新規VLiverオーディションは、HareVareで活動する新メンバーを募集しているオーディションです。年内に30〜100名のVTuberデビューを目指しており、VTuberとして、また、バーチャルにおけるマルチタレントとして活躍できる人材を求めています。

応募要件として挙げられているのは、18歳以上で意欲的に活動に取り組める人、週5回以上、月50時間以上の配信活動に取り組める人などです。

Brave group総合オーディション

Brave group総合オーディションでは、すでにプロジェクトが始動している「ぶいすぽっ!」「RIOT MUSIC」などのほか、今後発足予定の新規プロジェクトなど、事務所内の全プロジェクトを対象としてVTuberを募集しています。

合格後はそれぞれのキャラクターを考慮して、力を発揮するために適切なプロジェクトに配置されます。応募要件としてこれまでの配信経験は問われないため、未経験からVTuberに挑戦したい人でも応募可能です。

18歳以上で合格後に継続して活動できる人であれば、誰でもチャレンジできるのがうれしいポイントとなります。

オーディションのバナー画像
オーディションのバナー画像

まとめ

今回は、VTuberオーディションの概要や参加方法に加え、2023年11月現在で募集中のVTuberオーディションについて詳しく解説しました。VTuberオーディションにはプロジェクトやデビュー形態によってさまざまな種類があります。

オーディション参加時は公式サイトの応募ページに従って、プロフィールと自己PR動画を送付するのが通常です。応募要件では継続的にVTuberとして活動できることが求められることから、VTuberを本業として熱心に取り組める姿勢をアピールするのが大切です。

細かな募集条件はオーディションによっても異なるため、興味があるオーディションを見つけたら応募可能であるかどうかチェックしておきましょう。VTuberを目指している人は、今回の記事をぜひ参考にしてみてください。

                   Vライバー になりたい方
こんなお悩みはありませんか?

どうやったらVTuberになれるの?

どのプラットフォームがいいの?

そんなお悩みをお持ちの方には
Razzプロダクションがおすすめ!

オリジナルキャラクター
無償提供

所属Vライバー同士の交友関係も
広がりやすい

配信データに基づいた
手厚いサポート

IRIAMの画像
IRIAMの画像

VTuber事務所・Vライバー事務所おすすめ7選!比較表

イメージ
事務所名Razzプロダクションbondlive(ボンドライブ)PIKAプロダクションLapis LiveSpiceにじさんじホロライブ
特徴手厚いサポートで配信未経験者も安心!イラストの無償提供もある海外にも展開している!日本と世界をつなぐエンターテインメントを創出!月間報酬制になっていて頑張りが評価してもらえる!企業案件なども紹介可能!運営にいつでもチャットで相談ができる!配信未経験でもOK!独自の事務所内イベントを定期開催!イラストのクオリティがとても高い!「エンタメ経済圏」を加速させている事務所!YouTubeに強い!世界中で活躍しているVTuberが多数所属
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
【PR】選ぶべきVTuber事務所の特徴